整形外科

整形外科 挿絵

整形外科は、擦過傷や切創などの出血をともなう怪我、打撲・骨折・捻挫・靭帯損傷など出血をともなわない怪我、リウマチ、痛風などの炎症疾患、 変形性関節症・脊椎症等の変性疾患などによる、体の様々な「痛み」を治療します。
疾患そのものは、放置しておいても生命に関わることが少ないものの、痛みがあるということは非常に辛いことであり、患者様の「生活の質」を低下させてしまいますので、当院では痛みをできるだけ早く軽減させ、機能を回復し、正常な状態に戻すことをめざして治療をおこなっています。
治療は、薬物療法・注射・各種リハビリテーション・装具療法などを用いた保存的療法(手術をしない治療)を原則として治療をおこなっております。ただし、保存的療法では完治し得ない疾患などは、速やかに手術のおこなえる高度医療機関を ご紹介致します。
入院を要しない、弾撥指(ばね指)の腱鞘切開術や皮下良性腫瘍摘出術(ガングリオン等) などの小手術は、当院でもおこなうことができます。

整形外科担当医

富澤整形外科・内科 院長 冨澤 義宏
整形外科 田中 医師
整形外科 小野 医師

主な検査・医療機器

MRI・CTスキャン・超音波検査装置(表在用)・X線撮影機器(デジタル)・各種リハビリテーション機器・超音波骨折治療器

高度医療機器の導入

当院では高度医療機器の導入も積極的に進めており、患者様にとってより良い診断・治療をおこなえるよう 努力しております。


MRI

昨今の整形外科領域の診断・治療において、MRIは欠かせない画像診断機器となりました。 当院でも導入後様々な疾患の診断に効果を上げています。

 

CR・PACS 

CR(コンピューテッド ラジオグラフィー)デジタルレントゲン導入により従来のレントゲンよりも、詳細な写真を得ることができ、より正確な写真診断を、おこなえるようになりました。
また、医用画像情報システム(PACS)により、デジタル化されたレントゲンデータを、フィルムにプリントすることなく直接診察室内端末に転送し、モニターで診断することにより、現像による待ち時間をなくすことができるようになりました。